この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「アシカの女、なんていう歌があったりして。何のことやら。」 - See-line Woman

「Indigo jam unit」という

日本のグループがあります。

クラブ・ジャズっていうんですかね。

そういうジャンルだそうです。

 

なかなかカッコいい音楽をやる人たちで、

とっても好きだったのですがねー、

残念ながら2016年に

活動を休止してしまいました。

 

そんな彼らのアルバムの中に

「Impression」というカヴァー曲の

アルバムがありましてね。

 

ジャズのハービー・ハンコック、

クラシックのラフマニノフ 、

ロックのレッチリ、

つまりレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、

といった、いろんなジャンルの曲を

カヴァーしています。

Impression 【HMV限定盤】

Impression 【HMV限定盤】

 

インスツルメントなんですが、

いいアルバムだと思います。

あ、もっとも彼らは

インスツルメントのグループなのですが。

 

で、実は、このアルバムの中に

ニーナ・シモンの

「See-Line Woman」という曲も

入っているんですよ。

コイツが実にカッコ良かったんですねえ。

 

私、ニーナ・シモンが好きで

良く聴くんですが、

この「See-Line Woman」という曲は

まったく知らなかったのですよ。

 

えっ、知らないのに、わかったのかって?

 

だって、そう書いてあったんですもん。

 

早速、彼女のアルバムを探しました。

 

いくつかのアルバムがありましたが、

最も古いのは1964年の

「ブロードウェイ・ブルース・バラッズ」

というアルバムでした。 

Broadway Blues Ballads

Broadway Blues Ballads

 

打楽器とハンドクラッピングの音がなかなか心地よい曲です。

 

「See-Line Woman」という、

タイトルの意味がわからなかったので

少し調べてみました。

 

彼女は、フォークロアと言われる

昔からの曲を、歌うことが

結構あるのですが、

これもそうした歌のひとつでした。

 

こういう場合、奥が深いんです。

けれども、私などでは、

浮かび上がれなくなってしまいますから、

潜りませんよ。

 

「See-Line Woman」は

「 Sea Lion Woman 」とか

「See Lyin' Woman 」、

「C-Line Woman 」などとも

言われているそうで、

港々にいて、船乗りを相手にしている

女性の歌なのだといいます。

 

歌詞を少し載せておきます。

See-line woman
She drink coffee
She drink tea
And then go home
See-line woman

 

See-line woman
Dressed in green
Wears silk stockings
With golden seams
See-line woman

・・・

 

© Warner/Chappell Music, Inc

wikipediaより引用

 

フォークロアには、

格言的な、あるいは戒め的な

内容のモノも多いように思いますが、

この曲も、船乗りや、

彼らを相手にする女性をとおして、

そうした何かを伝える歌なのでしょう。

 

何かがナニかは、お子様の私には、

ハッキリとはわかりませんけど

Empty his pockets

And wreck his days

なんて歌詞もありますからね。

 

 

でわ、また。