この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「好きな人は、魔法をかけてまでも自分のモノにしたい?」 - I Put A Spell On You

「I Put A Spell On You」

という曲があるんですね。

 

「ニーナ・シモン」(Nina Simone)の

「I Put A Spell On You」(1965年)という

アルバムを聴いているときに

「おっ」

と思ったわけですよ。

それが、タイトル曲の

「I Put A Spell On You」でした。

 

まあ、このアルバムの

1曲目ですから、「おっ」も

なにもないんですけどね(笑)。

 

そもそも、こいつはアルバムタイトルが

気になって手にしたんですよ。

 

もちろんカギは「Spell」です。

怪しい雰囲気の単語じゃあないですか。

「アナタに呪文をか・け・る」とかいうと、

「どゆこと?」と思うでしょう?

 

まあ、聴いてみましょう。

Nina Simone - I put a spell on you - YouTube

 

どうです?

見事なまでのブルース・バラード。

切ない恋の歌だといわれれば、

「なるほど!」と思いませんか?

私は、心打たれましたね。

 

歌詞の内容は、

好き勝手にふるまう恋人に

振り回される主人公が

こっち向けえーってな感じで

魔法をかけたって話かなあ。

 

そんなわけで、ある日。

「俺ってこんな曲を知ってるんだぜ!」感

満載である友人に言うわけですよ、

「いいバラードだろぉ」って。

すると彼は、

「何言ってんの。この曲はロックンロールだぜエ!」

私「???」でした。 

 

Creedence Clearwater Revival - I Put A Spell On You - YouTube

 

いい演奏ですよねえ、確かに。

好みであります。

でも、私に言わせれば、

ロックバンドが演奏した

「ブルース・バラード」

ですがな。 

こだわらんでもイイとこなんでしょうけど。

 

もともとは、「Screamin' Jay Hawkins」

っていう人が、1956年に発表した曲だそうです。

ブルース系の方のようです。

パフォーマンスがなかなかだったようで・・。

Screamin Jay Hawkins - I put a spell on you - YouTube

 

どれを聴いても「いいなあ」と

思えるのは、元歌がいい出来、

というか、私の好みだからなんでしょうね。

 

最近(といっても2010年ですが)「ジェフ・ベック」の

アルバム「Emotion & Commotion」で

「ジョス・ストーン」が歌ったヤツなどは、

ニーナに次ぐ出来だと思います(笑)。

ニーナが好きなだけでした。

 

I Put a Spell on You

I Put a Spell on You

 

 

CREEDENCE CLEARWATER REVI

CREEDENCE CLEARWATER REVI

 

 

エモーション・アンド・コモーション(スペシャル・エディション)

エモーション・アンド・コモーション(スペシャル・エディション)

 

音楽を聴こうよ。

でないと、呪いをかけちゃうぞ。

 

でわ、また。