この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「クリスチャン・マクブライドというベーシストがいるのだが・・良いぞ。」 - Stars Fell On Alabama

クリスチャン・マクブライド(Christian Mcbride)

 

まくぶらいど

 

なんとなくかっこいい響きだなと思ってしまう私っていったい・・・。

 

アメリカのベーシストですね。

名前はよく聞きます。「ジャズベーシスト」と検索すると、いくつかのblogで、名ベーシストの一人として紹介されています。

 

が、残念ながら、私の持っているコレクションの中には、2枚しかありません。

 

そのうちの一枚がこれです。

Gettin to It

gettin' to it (1995)

 

それがどうしたの?と言われそうですがね、

このアルバムの7曲目に「Stars Fell On Alabama」という曲が入ってんですが、これが心地よいのよ、って言いたいんです。

邦題で言うと「アラバマに星落ちて」ってヤツです。聞いたことないですか、このタイトル。

 

1934年に「ミッチェル・パリッシュ」(Mitchell Parish)が詞を、「フランク・パーキンス」 ( Frank Perkins)が曲を作ったとのこと。

で、このタイトルは、これまた、1833年のしし座流星群(アラバマ州で観測されたらしい)について書かれた本から付けられたとのことですね。

アラバマに星落ちて - Wikipedia

 

しし座流星群は、日本でも11月に見ることができますが、余り派手なモノは期待できないようです。

 

で、詩の内容はというと、「愛の歌」のようですね。

詳しくはわかりませんが、そう思います。

 

さて、マクブライドの話に戻るとしましょう。

そういう、流れ星の曲をベースでしっとりと弾いておられます。

www.youtube.com

 

うーん、デリシャス、でしょ。

ピアノが、あくまでも、伴奏に徹している(ように聴こえる、あるいは、ように聴いているのかも)ところが、また、いいですね。

 

「クリスチャン・マクブライドというベーシストがいるのだが・・良いぞ。」 、なかでも「アラバマに星落ちて」ってヤツは、心地よいぞ、という話でした。

 

でわ、また。