この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「蓮は英語でLotusらしいが、語源は睡蓮のようですね」 - Lotus Biscoff

ここしばらく、スタンダード・ナンバーの話ばっかりでしたが、面白くないですか?

 

面白くない。

っていうか、そもそもが、それほど・・・。

 

やっぱり。わかってたんですよ、なんとなく。

後半部分は無視しますけどね。

 

ということで、今日はですね、音楽でなくて、雑記ですね。

蓮の花が咲きそうだとお話ししました。

 

まだ咲いてはいないんですが、こんなになりました。f:id:ninasimone:20180725190500j:image

ピンボケですが、中間報告ということで。

 

蕾らしくなってきましたね。

肥料をあげてないので立ち葉も少ないし、蕾も小さいようです。

 

咲く瞬間を見逃さないようにしようと、待ってるんですが、まだ、先のようです。

 

ところで、蓮は英語で「lotus」というらしいのですが、語源はギリシャ語で、スイレンを指していたとのことですね。ウィキペディア情報ですがね。なんでそんなことになってるんでしょうねえ。

私、ハスとスイレンについては勉強しましたよ、ほんの少し。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

で、「lotus」といえば、何を連想しますか?

 

私は、ベルギーのカラメルビスケットを連想します。

by カエレバ

 

んまいですよね、これ。コーヒーのお供にピッタリです。

 

半世紀ぐらい前だと、「ロータス・ヨーロッパ」ですかな。

サーキットの狼 コミック 全19巻完結セット (MCCコミックス)

サーキットの狼 コミック 全19巻完結セット (MCCコミックス)

 

 

「蓮」つながりで、ロータスのカラメルビスケットはんまいし、サーキットの狼は懐かしいという話でした。

 

でわ、また。