この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

一気に葉を伸ばす水性植物たち。陽射しがよほどうれしかったんでしょうなあ。

梅雨が開けました。

陽射しが強くなると同時に、

睡蓮の葉っぱが、

一気に伸びました。

 

温帯性のヤツは、

5枚目の葉っぱが、

水面にでようとしている。

昨日までは、

なかったのにねえ。

f:id:ninasimone:20190726080936j:image

 

えっ、温帯性の睡蓮

いつの間にって?

 

話してませんでしたっけ。

時期がどうなのかは

知りませんけど、

なぜか半額だったので、

白いのを1つ

買ったのですよ。

 

確か、7/13だったかと。

買ったときは、

葉っぱは2枚でした。

2週間ほどでこの変わりよう。

 

あまり動きのなかった熱帯性のヤツも、

ついに水面上に葉っぱがでました。

f:id:ninasimone:20190725080247j:image

おお、熱帯っぽい斑点があるぞ。

何が熱帯っぽいのかなどと

つっこまないようにね(笑)。

 

水中には3枚目の葉っぱが

もう、でかくなっている。f:id:ninasimone:20190725080510j:image

 

いやあ、内心、

このまま終わっちゃうのか

と思っていただけに

これは、うれしいですね。

 

やっぱり温度と

日照なんですねえ。

 

この前、蕾が出てきた

花蓮も、二つ目の蕾が

出てますね。

f:id:ninasimone:20190725080909j:image

 

一つ目も、少しずつ

大きくなっている。

f:id:ninasimone:20190725081008j:image

 

植物に限らないのかも

しれませんが、

生き物は

正直なもんです。

 

で、睡蓮と言えば

「ウォーターリリー」

なわけですが、

リリーといえば、

これですよね。

 

りりィ 私は泣いています - YouTube

 

リリー・フランキーでは

ないところが、

「心地よい」のキモです。

 

えっ、「りりィ」って誰?ですと!

 

そうなんですか。

ご存知ない?

 

私にとっても、

主に1970年代が

メインのアーティスト

といった認識ですから

仕方ありませんか。

 

(ファンの人には怒られますね。)

 

この曲は、当時

100万枚近く

売れたのですよ。

 

ハスキーヴォイスが

ポイントでしたねエ。

 

もう一曲、

いっときましょうか。

 

りりィ 『オレンジ村から春へ』 1976年 - YouTube

1976年のシングルですね。

同年の資生堂

春のキャンペーンの

歌でした。

 

彼女、もういないんですよねえ。

淋しい限りです。

 

「私は泣いています」は

このアルバムに入っていますよ。

タエコ

タエコ

 

 

さて、話は戻って、 

ウォーターリリー

なんですが、

花はいったい

いつ咲くのか

目下の最大関心事ですね。

 

どういった形で

蕾が現れるのか。

どれぐらい咲いているのか。

いくつ咲くのか。

 

まあ、楽しみなわけです。

 

一度、あきらめかけたものが

再び実現性がでてくると

その期待感は

従前の倍ではきかないですね。

 

でわ、また。