この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

猛暑のこの時期に咲くクレマチスーセンニンソウ

クレマチスという花があります。

テッセンとも呼ばれ、

古くから親しまれている花です。

この花の魅力に取りつかれ

相当な種類のクレマチスを

育てている方も

大勢おられるようですね。

 

そこまでではありませんが

我が家にも3種類あります。

しかも、今年になってからです。

数で言えばかわいいもんですが、

今後どうなるかは

定かではありません(笑)。

www.kokochiyoi-blog.com

この時は、パテンス系の

ドクターラッペルが咲いたので

その報告でした。

 

次はジョセフィーヌがいいぞなんて

記事のなかでほざいてましたが、

なぜか今、お家にいるのは、

モンタナ系のルーベンス。

ドクターラッペルの開花を機に、

急に興味が湧いてきまして、

お安かったのを引き取ってきました。

 

ただ、旧枝咲なので

剪定とか扱いが厄介らしいですね。

木の寿命も短いのだとか。

このような感じの花が咲くようです。

 

そして今、フラミュラ系の

センニンソウが咲き始めました。

 

クレマチスなんて、

春に咲くもんだ

とばかり思っていたので

夏にも冬にも咲く種類が

存在するということを知ったときは

正直驚きました。

 

8月の始め頃の

蕾が出てきた頃の様子です。

f:id:ninasimone:20200808183306j:image

 

f:id:ninasimone:20200808183340j:image

見切り品として売られていた

コヤツも、ほかのものと同様に

花の時期を逸してのこと、

だと思ってましたので、

まさか今年、お花を見れるとは・・。

感動もひとしおです。

 

図鑑の写真などを拝見すると

「ウマクワズ」という別名とは

裏腹に、結構いい雰囲気です。

もっとも、この別名は

毒を持っているから馬も食べない

ということからきているので、

見た目とは何の関係もないんですね。

ちなみにクレマチスは

あの毒一族の「キンポウゲ科」 ですね。

 

では、その可憐な花を。

気の早いやつが一輪だけ

咲いたときのものです。

8月の9日でした。

f:id:ninasimone:20200809073521j:image

こんなにかわいいのに、

雑草扱いだったようですね。

 

そこらに蔓延するし

毒まであるというのですから

致し方ないのですかね。

 

センニンソウの名前の由来は

咲き誇った花が

仙人の鬚にみえるからとか、

その実についている綿毛を

仙人の鬚にみたてたとか

言われていますが、

あの有名な牧野先生の

植物図鑑(旧版)には

「今は意味が分からない」などと

書かれていたりしてるんですね。

面白いと思いました。 

f:id:ninasimone:20200812163818j:image

改訂版になると

さすがにまずいと思ったのか、

先程の後者、綿毛説が

理由として記載されていました。

 

花の数は文句なしに多いですね。

ただ、大きさはまちまちなのですね。

3cmぐらいのものもあれば、

1cmに満たないものもあります。

これなんか小さいですね。

f:id:ninasimone:20200812211655j:image

小さいものは、

雰囲気が少し違いますね。

おしべの長さですかね。

そんな気がします。

 

そしてようやく

三分咲きぐらいに。

f:id:ninasimone:20200815075653j:image

f:id:ninasimone:20200815075720j:image

f:id:ninasimone:20200815075734j:image

大輪系のクレマチスと比べると

派手さには欠けますが、

清楚と言う言葉が似合う気がします。

f:id:ninasimone:20200815075928j:image

枝の先の方は、

小さいものが多いようです。

これは何故なんでしょうねえ。

 

暑い盛りに白い花は、

良いですよね。

f:id:ninasimone:20200818095134j:image

f:id:ninasimone:20200820072316j:image

f:id:ninasimone:20200821122505j:image

家人に、これをクレマチスだ

と言っても信用しないんですよ。

確かにイメージとしては

大輪系が染み付いてますもんね。

f:id:ninasimone:20200821122553j:image

最後まで、お付き合い

ありがとうございました。

 

でわ、また。