この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「柘榴というよりワイン」 - ざくろのジャム

だんだんと、寒くなってきました。雨の日も多くなって、庭いじりも、なかなかやりにくいこの頃です。

なので、今回は、ざくろのジャムの話を。

先日、ざくろの実をもらってきました。

大小取り混ぜて10個ぐらいです。

完熟っぽいのは、これだけ。

f:id:ninasimone:20171028055405j:plain

ざくろ

 

これから、実を取り出します。実を取り出すときに、白い皮のようなものが混入しますが、水洗いするときに浮いてくるので、取り除きます。 
f:id:ninasimone:20171028213212j:image

 

ザルに一杯分ありました。これで、 620グラムあります。 
f:id:ninasimone:20171028060259j:image

 

我が家では、ジャムはひたすら煮る作業と心得ています。なので、鍋にいれて煮込みます。 
f:id:ninasimone:20171028213321j:image

 

直ぐに、水気が出てきます。ある程度煮込んだら種を濾していきます。たいていは、種の周りにペクチンが多いので、これをどれだけ回収できるかが、ミソだと思っています。まあ、いざとなれば、粉末ペクチンに頼ります。

我が家では、麺の水切りを使います。

f:id:ninasimone:20171028233029j:plain

 

これが、とんでもなく面倒くさい。ジャムづくり十数年の人が友達にいるのだが、彼に言わせればこれ ↓ を買えは、すべてが丸く収まるというのだが・・・。数年悩んでいる。 

遠藤商事 18-10シルバーシャイン ムーラン No42514

遠藤商事 18-10シルバーシャイン ムーラン No42514

 

 

さて、ひたすら濾し続けると、こんな感じに。
f:id:ninasimone:20171028213653j:image

 

それを、再び鍋に移します。この時点で、砂糖投入。最初に量った重さの30%程度、200グラムにしています。種をとったあとの重さと比べると、45%近くになります。

煮詰めていきます。
f:id:ninasimone:20171028214654j:image

 

濾して残った種のまわりには、ペクチンが大量に含まれていると思われるので、ほんの少しの水を加えて、もう一度茹でます。
f:id:ninasimone:20171028214927j:image

 

ザルで濾して、その茹で汁を、最初に濾した果汁に加えます。そして、さらに煮詰めていきます。 
 

ある程度、煮詰めてとろみが出てきたら、火を止めて、煮沸した瓶に詰めていきます。

 

できました。石榴色というよりはワインレッド、うすめの赤色です。わりとさらさらな感じになりました。煮詰めているときは、もう少し固めに仕上がりそうだったのですが。

今度するときは、ペクチン追加するか、ゼラチンを混ぜるかして、固さを調整することにします。
f:id:ninasimone:20171028220804j:image

 

明日の朝は、パンだー!

ジャム、いいですね。

 

「柘榴というよりワイン」というお話でした。色のことですよ。念のため。

 

でわ、また。