この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「スタジオ録音とライブ録音と、どっち?」- Kill The King

突然ですが

ライブの音源って、実は、あんまり好きではなかったんですよ。

 

むかーしの話ですが。

 

どうしてかというとですね、ライブっていうのは、基本的には、既発表曲を演奏しますよね。

ニュー・アルバムを出した直後なら、プロモーション的なこともあって、そのアルバムから2、3曲チョイスということもあるでしょうが、それでも、既発表ですよね。

 

つまり、知っている曲が、収録されているわけですよね。

 

それからですね、スタジオ録音の音源を最初に聴いて、気に入って、何度も何度も聴き込んで、自分の耳にしっかりとインプットされて、この曲は、こういうもんだというイメージがすっかり出来上がったうえで、ライブ盤を聴いたときに、がっかりした事も多かったのですよ。

 

だからです。

 

まあ、むかーしの話ですけど。

 

コンサートで、直に音を聴くのとは、ちょっと違いますもんね。

 

おそらくは、なけなしのお小遣いをやりくりしてやっとレコードを手にしていた反動だったのかもしれません。

 

いまはね、同じ曲でも、違うヴァージョンのモノをもっと聴きたいなあと、思ったりしてますからねえ。

 

人間て、というか、私だけかもしれませんけど、都合のいいように考え方が変わってしまう、いい加減なもんです。

 

そうそう、ライブ演奏が先にでて、あとからスタジオ録音がリリースされた「レインボウ」(Rainbow)の「キル・ザ・キング」(Kill The King)のときは、スタジオ盤が、なんか迫力不足だなあ、と思いましたから、聴いたのが最初かそうでないかだけなのかもしれませんねえ。

 

これ

On Stage

On Stage

 

と、これ

Long Live Rock & Roll

Long Live Rock & Roll

 

ですね。

 

ますます、いい加減なもんですねえ、私って。

 

今はですね、結構、いろんな音が入っていて、ライブ音源もいいなあと。

アナウンスとか、演者の声とか、喧騒とかミスタッチとかがあったりしてね。

わかるのか、お前って?

なんとなく違うかなと思うだけです。すいません。

 

ま、そんな音が一緒になっていて、そこに新しい発見があったりもして、と考えています。

 

こんなこともありました。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

そういう出会いって、心地よいですよね、と無理矢理にオチに持っていきます。

 

でわ、また。