この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

恋は愚かというけれど・・そんなことはなかろうよ

恋は愚かというけれど

 

原題は、

「I'm A Fool To Want You」

 

フランク・シナトラの

歌だったかと思いますが

彼の歌では聴いたことがなかっんです。

 

これを書くにあたって

聴いてみたんですよ。

www.youtube.com

 

シナトラってこんな声だっけとか

思っちゃいました。

1951年の録音なら、

彼はまだ40手前ですから、

私がテレビなどで

見聞きしたことのある声よりは

随分若いことなりますもんね。

 

オーケストラのバッキングは

好みの問題にもなりますが

この曲には、あってるんでしょうね。

 

本当に有名な曲で

スタンダードナンバー中の

スタンダードと言っていいんですが

私のコレクションには、

あまりないんですよ。

 

ざっとみると、これだけでした。

 

チェット・ベイカー

リサ・エクデール

ビリー・ホリデイ

リンダ・ロンシュタット

デクスター・ゴードン

エリック・アレキサンダー

 (※はヴォーカルもの)

 

ヴォーカルが多いのは、

たまたまなんでしょうけれども

インスツルメントより

ヴォーカルのある方が

曲に合ってる気がしますね。

 

リンダ・ロンシュタットっていうのは

ロック・ポップの歌手で

1970年代に「You're No Good」

のヒットでスターになった人なんですが

1980年代にはジャズも

やるようになったんですよ。

 

話のタネに聴いてみましょう。

www.youtube.com

雰囲気がシナトラと同じだなあと

思ってみれば、

実はバッキングはシナトラと同じ

ネルソン・リドル ・オーケストラでした。

 

重すぎて、逆に聴いていて

ツラくなっちゃうんですが、

やはりこの曲はビリー・ホリディが

一番なのでしょうか。

www.youtube.com

 

いろんな人が言ってますが、

若い頃の彼女と比べると

ホントに艶のないかすれた声ですけど

すごみがある、心を揺さぶられる声

というのはわかる気がします。

 

でも心地よいかというと・・・。

 

もともとが暗い歌ですから

この曲に心地よさを求めるのも

お門違いではあるんですけどね。

 

ではインスツルメントでいくつか

ご紹介しましょう。

有名なのはデクスター・ゴードンでしょうか。

www.youtube.com

フレディ・ハバードの

トランペットが盛り上げてくれます。

 

エリック・アレキサンダーは

動画がなかったですね。

代わりに、私は持ってないんですが

アート・ファーマーの動画がありましたので

紹介しておきます。

www.youtube.com

 

以下、収録アルバムです。

Lush Life

Lush Life

  • アーティスト:Linda Ronstadt
  • 出版社/メーカー: Elektra / Wea
  • 発売日: 1987/06/15
  • メディア: CD
 

 

Clubhouse

Clubhouse

  • アーティスト:Dexter Gordon
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 2007/02/22
  • メディア: CD
 

 

Gentle Ballads II by Eric Alexander Quartet

Gentle Ballads II by Eric Alexander Quartet

 

 

アート

アート

  • アーティスト:アート・ファーマー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/07/11
  • メディア: CD
 

 

このほか、ピアノでは

キース・ジャレットの

スタンダーズのものが

ライブであるようなんですが

まだ、手元にないんです。

 

でわ、また。