この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

ジャムにされちまったイチジク。

イチジクを育てています。

ホワイトゼノアという

種類です。

www.kokochiyoi-blog.com

 

今年はたくさん採れまして、

ボチボチ収穫していたのが

冷蔵庫を圧迫するように

なっていました。

 

何とかしないとなあと

思いながらも手付かずに

なっていたのですね。

 

冷蔵庫の管理者が

お怒りになったようです。

 

カフカの「変身」のごとく

ある朝、イチジクは

こんなお姿になっていました。

f:id:ninasimone:20190920075641j:image

いわゆる「ジャム」という形態ですね。

 

管理者、いわく

「どう?」

「お、おう。よくできました。」

 

ヨーグルトとトーストで、

さっそくの試食タイム。

f:id:ninasimone:20190920080103j:image


f:id:ninasimone:20190920080113j:image

 

市販のイチジクジャムより、

明るい色合いです。

アヲハタ アフタヌーン いちじくジャム 155g

アヲハタ アフタヌーン いちじくジャム 155g

 

 

色的には、断然こっちが

いいですよね。

あ、あくまでも

個人的感想です。

 

おそらくは、材料が

白イチジクであるからだ

と思われます。

 

一口、食べてみます。

 

ジャムの甘さが、

イチジク本来の

甘さというよりは、

砂糖の甘さを感じます。

 

もともと、ホワイトゼノアは、

糖度がそれほど高くないので、

砂糖の甘さに負けたのでしょうか。

 

管理者に聞くと

イチジクの重さの

半分程度だといいます。

 

そんなに多くもないですね。

3割程度でも

良かったのでしょうか。

その辺は、来年になりますね。

 

もう、イチジクの最盛期は

終わってしまったようです。

 

先っぽに、まだ

青い実が少しでてきましたけど

熟するまで枝についているかは

定かではありません。

 

そうそう、

「ジャム」といえば

「戦闘妖精・雪風」ですねえ。

 

 え、なんじゃあ、ソレって?

www.kokochiyoi-blog.com

 

SF小説にでてくる「敵」です。

まあ、ご存じない方がほとんどでしょうねえ。

なかなかコアな作家かもしれません。

 

「ライトジーンの遺産」とか

「ラーゼフォンー時間調律師」とか

私は好きですけど。

ライトジーンの遺産

ライトジーンの遺産

 

 

ラーゼフォン―時間調律師 (徳間デュアル文庫)

ラーゼフォン―時間調律師 (徳間デュアル文庫)

 

 

夜が長くなりますからね、

どうです、読書など。

イチジクジャム塗った

トースト食べながら (笑)。

 

でわ、また。