この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「ロンドンオリンピックで知ったんです。MUSE」 - New Born

「ミューズ」(MUSE)というグループ、ご存じですか。

 

1994年結成のイギリスのロック・バンドです。

どれくらい有名かというと、よくはわかりませんが、2012年のロンドンオリンピックの公式ソング、「サバイバル」(Survival)を提供したグループですね。

 

じつは、私は、この曲でこのグループを知りました。

たぶん皆さんも耳にしているんでしょうけど、覚えてはいないですかねえ。

これですね。

www.youtube.com

 

まあ、これがきっかけで、いろいろと聴きました。

過去にもちらっと「ミューズ」 については書いてます。

ホントにちらっと、ほとんど終わりの方ですね。

www.kokochiyoi-blog.com

 

彼らの何が良いのか、というとですね、メロディや曲そのものももちろんですが、ヴォーカルの「マシュー・ベラミー」(Matthew Bellamy)のブレスですね。結構、大きい音で吸い込んでます。

音楽的には、これが良いのか悪いのかはわかりませんが、そこに情熱とか艶やかさとかを感じるのです。

 

アルバムセールス的には、この「サバイバル」の収録されている「The 2nd Law」(2012年)はたいしたことがないんですね。

これ以前にリリースされた「Black Holes and Revelations」(2006年、4th)や「Absolution」(2003年、3rd)の方が上ですね。

ま、わからんでもない。

 

私は、もう少し前の「Origin of Symmetry」(2001年、2nd)がお気に入りなんです。

Origin of Symmetry
by カエレバ

 

 

例えば、1曲目の「New Born」、比較的抑え目に始まるのですが、1分25秒辺りから一気にヘヴィになります。 この展開が気持ちを盛り上げます。

3曲目の「Space Dementia」、バラードっぽいイントロからググっとテンションをかけて、5分過ぎから崩れ落ちるみたいにして終わります。

9曲目の「Dark Shines」は、ヘヴィさを抑えぎみにした感じがいいですね。ヴォーカルはヘヴィですけど。

そして、私の前の記事でもちょっとふれている10曲目の「Feeling Good」、これは良いですねえ。

 

ヘヴィメタル系がお嫌いな方はダメかもしれませんが、そうでない方でお聴きになってない方、良いと思いますよ。

 

「ロンドンオリンピックでMUSEというグループを知ったんです」けれども、私の好みに合ったなかなか良い曲を作っているグループでしたよという話でした。

「 New Born」辺りが、良いぞと。

 

でわ、また。