この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

水・金・地・火・木・土・天・海・冥

水・金・地・火・木・土・天・海・冥。

 

太陽系には9つの惑星があって、

太陽に近い順から、

冒頭のように並んでいるのだ、

と習いました。

 

今は、太陽系の惑星は8つと

習っているのですね。

 

外れたのは「冥王星」。

「Pluto」ですね。

 

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)

 

 

国際天文学連合が採択した

「第26回総会決議5A」の中で

惑星は「水・金・地・火・木・土・天・海」だと

決められたのでした。

2006年8月26日のことだそうです。

ほんの10年ちょっと前の

今頃のことですね。

 

で、惑星でなくなった「冥王星」は

その後どうなったのかというと

「準惑星」というカテゴリーに

分類されることになりました。

 

21世紀に入って、

冥王星よりも大きな星が

見つかったことも

要因のひとつにあるらしいですね。

 

時代は変わるのですねえ。

時代-Time goes around-

時代-Time goes around-

  • アーティスト: 中島みゆき,瀬尾一三,倉田信雄
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2001/05/23
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 24回
  • この商品を含むブログ (33件) を見る
 

 

ところで「惑星」と言えば

ホルストの組曲が思い浮かびます。

 

これは、学校でも

聴かされたのではないでしょうか。

ドヴォルザークの「新世界より」

みたいに・・・。

 

実は、この組曲には、

「冥王星」は入っていません。

(地球も入っていませんが)

 

なぜなら、「惑星」は

作曲されたのが

1910年代、初演は1920年と

言われているのです。

 

冥王星の発見は1930年に

クライド・トンボーによって

と言うことですから、

その当時は、

存在していなかったわけですよね。

 

それでは致し方あるまい。

ただ、ウィキペディアによると

冥王星の発見後に、

ホルスト自身が作曲を試みたと

書いてありました。

残念ながら、

志半ばで、亡くなったようです。

ja.wikipedia.org

 

邪道かもしれませんが、

「惑星」は

冨田勲さんのが一番好きですね。

聴いていて面白いです。

ホルスト:組曲「惑星」

ホルスト:組曲「惑星」

 

 

でわ、また。