この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

フェイジョアの実が食べたいのです、なんとしてでも。

今年のフェイジョアは、

たくさんの花が咲きました。

 

www.kokochiyoi-blog.com

 

そのほとんどは、

実をつけることなく

散ってしまいました。

www.kokochiyoi-blog.com

 

そして、9月に入って

フェイジョアの実は

急激に肥大するのだそうです。

 

まだ、急激に肥大した感じはないですねえ。

まあ、まだ8月の終わりですもんね。

f:id:ninasimone:20190825121924j:plain

 

と思ったら、

こいつはどうだ・・・。

f:id:ninasimone:20190825121838j:plain

多少は、大きくなったのかい?

 

おお、さらに

こいつも・・・。

f:id:ninasimone:20190825121820j:plain

さっきのより、カタチが良くないかい?

 

3つ、4つは、

一人前になりそうな予感がしてきました。

 

アレだけ咲いて

3つ、4つか。

 

そーか。そーか。

まあ、致し方あるまいて。

 

「フェイジョアの実が食べたいのです、

なんとしてでも。」という、

夢がかなうかもしれません。

 

マンモスの収穫期は10月といいますから、 

あと、ひと月半ぐらいですね。

 

そうそう、ある人に

日本人のどれだけの人が

フェイジョアの味を

知っているかというと、

ほとんどの人が知らないのではないかという、

お話を聞いたことがあります。

 

確かにネットでは、

フェイジョアの栽培や

食べ方について書かれているサイトは

たくさん見つけられますし、

苗木もリストに、

たくさん表示されています。

「人気の果樹!」とかね。

 

が、実際に食べたことがある人は、

私の回りではほとんど

いませんでした。

 

パッションフルーツよりも

マイナーかもしれません。

(私、パッションフルーツは

食べたことないですけど。)

ja.wikipedia.org

 

なので、ここでこんなことを

書いていても

ピンとくる人は、極めて

少ないのかもしれません。

 

そのことは、とても残念ですが、

巷に激しく普及させようなどという

野心も野望も持っているわけではないので

全然大丈夫、無問題です。

 

自分が楽しんでいるだけですからね。

 

この次は、収穫したフェイジョアの

食感リポートになるでしょう。(笑)

 

でわ、また。