この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

クリスマスローズの子供たち

クリスマスローズのこぼれ種が

知らぬ間に発芽していて、

鉢植えにしたという

記事を書いたことがあります。

www.kokochiyoi-blog.com

今年の3月でしたか。 

日記をつけないモノですから

ブログを書くようになってから、

いつのいつ頃

どんなことをしていたのかが

写真付きでわかるようになって、

たいへん重宝しています。

 

そんなことないですか?

 

さて、再掲になりますが、

その時のクリスマスローズの

子供たちの写真です。

f:id:ninasimone:20201109155114j:plain

20200321154554

20200320183107

ヘロヘロの虚弱児たちでしたねエ。

 

今はこんな風になっています。

f:id:ninasimone:20201109162215j:image

ポットに植えたやつは、途中で

さらに大きな鉢に植え替え、

いわゆる「鉢増し」ですね、

をしたので、どれがどれか

わかりにくいですよね。

 

最初の3枚の写真のうち

3枚目の素焼きの鉢に

植えたものは

鉢増ししてません。

そのままなんですよ。

そいつをさっきの集合写真から

ピックアップして

並べてみるとこうです。

f:id:ninasimone:20201109160207p:plain

f:id:ninasimone:20201109162640j:image

縮尺も違うんでアレですが、

ずいぷん大きくなったでしょう。

 

しかも、親?である

ウインタージュエルの

葉っぱとは違う気がします。

ジュエルのはこんな形です。

f:id:ninasimone:20201109163442j:image

クリスマスローズは、

株の大きさで

葉っぱの形も変わるようなので

まだなんとも言えませんが、

私には同じには

見えないですね。

 

まあ、たとえ

葉っぱの形が同じでも

花が同じとは限らないそうですが、

葉っぱが違えば

花は間違いなく、違うのではと

こう思いたくなります。

どんな花が咲くのか

楽しみというわけなんですよ。

 

勝手にできた種からの苗なので、

自家受粉なのか、

隣のクリスマスローズとの

交雑なのかはわからないのですけどね。

 

でわ、また。