この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

フェイジョアの実、まだまだ固そうです。

フェイジョアの木を

育てています。

 

育てているといっても、

ほぼ放任なんですけどね。

 

フェイジョアは、

一本の木では生りにくい

いわゆる自家結実性の

低い植物です。

 

だからといって、

絶対生らないのかというと、

そうではないわけです。

www.kokochiyoi-blog.com

 

今年はたくさんの

花が咲きました。

 

自家結実性が低いなりに

いくつかの花が

受粉したようなのは

先のブログのとおりです。

 

10月に入ったので

様子を見に行きました。

f:id:ninasimone:20191001224511j:image


f:id:ninasimone:20191001224522j:image

 

くまなく探したところ、

全部で7つほど

生っているようですワイ。

 

いずれも、

こんな感じで

まだまだ落ちそうに

ないですね。

 

実の大きさも、

急激に肥大すると言っていた

9月を過ぎても、

8月の終わりごろと

そんなに変わっていない

気がします。

 

ああ、間違いなく変わっていませんね。

同じ写真、載っけてねー?と

いわれても、反論できる気がしません。

 

当然、丸くもなってません。

 

実食レポートは、

いつになったら

できるでしょうかね。

 

ところで、

わたスが読者になっている

ブログ主の中にも、

フェイジョアを

育てておられる方が

いらっしゃって、

とても心強く

思いました。

 

その方は2品種

育てておられるようです。

従って、わたスのように、

綱渡り的な収穫では、

ないみたいなんですね。

 

今年はダメだったと

おっしゃってましたが。

 

そんなことを思うと、

やはりもう一本

別の品種を

植えた方がいいのかなと、

最近、強く思うように

なりました。

 

実は、春先の花の時期に、

近所の園芸店を

探し歩いたのですが、

見つからなかったんですね。

 

わたスが、今のフェイジョアを

購入したときは、

あちこちで売っていたように

思うんですが・・。

 

なので、買うならば

ネットということに

なりそうです。

 

クーリッジ

マンモス

アポロ

マリアン

ジェミニ

トライアンフ

ポウナム

 

いやー、結構品種があったんですね。

 

自家結実性のある品種にすれば

イイと思うんですよ。

 

花の時期って、同じなのか

ってとこが心配なんですよね。

受粉樹としてということだと

ズレていたら意味ないですもんね。

 

ま、それもあっての自家結実性ですね。

 

そうすると、この中では

クーリッジ、アポロ、ジェミニに

なります。

 

そのあたりで考えることにします。

 

え、しつこいなあって?

 

わっはっは。

それが取り柄ですワイ。

 

でわ、また。