この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

白山平泉寺。お寺ではないのですよ。その2

最近お寺づいています。

今回は、勝山市にある

白山平泉寺に行ってまいりました。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

この続きです。

前回は三之宮まで行きましたね。

 

境内はそんなところですが、

(本当はまだいろいろあるようです。)

戻る途中で

こんな看板を見つけました。

f:id:ninasimone:20201128170141j:image

最初に見た案内板の

これのことですね。

f:id:ninasimone:20201128170524j:image

南谷三千六百坊跡ですか。

私を誘うように、道が続いています。

f:id:ninasimone:20201128170718j:image

行かねばならない、

そんな気がしてきました。

 

石畳の小路を進んでいくと

開けた谷に出ました。

サワガニでしょうか、

が、いたりしてのどかです。

f:id:ninasimone:20201128171333j:image

f:id:ninasimone:20201128171344j:image

南谷の全景になるんでしょうか、

ここに、三千六百もの

僧坊があったとは思えませんね。

のどかです。

 

ずんずん歩いていきますと、

やがて構造物らしきものが

見えてきましたよ。

f:id:ninasimone:20201128171357j:image

 

f:id:ninasimone:20201128171408j:image

 

ここを曲がれという標識。

f:id:ninasimone:20201128172359j:image

曲がってみると

おお、古代の道ですな。

f:id:ninasimone:20201128171429j:image

筑地壁の跡。

右側は復元されていて

左側は発掘されたままの状態で

保存されているようです。

f:id:ninasimone:20201128171440j:image

 

立派な門が復元されていました。

f:id:ninasimone:20201128171449j:image 

その先には、

延々と石の道が続いています。

f:id:ninasimone:20201128171458j:image

屋敷への出入口部分ですね。

f:id:ninasimone:20201128171509j:image

解説板が設置されてましたが、

ちょっと読みにくい状態でした。

f:id:ninasimone:20201128171518j:image


山の中へと続く石畳の道。

f:id:ninasimone:20201128173426j:image

この木々の下にも、

僧坊跡や道の跡が

埋もれているのだそうです。

 

発掘されているのは、

かつて田畑として

利用されていた部分のようですね。

山林の部分は、そう簡単には

調査できないでしょう。

反対側の「北谷三千坊」跡は、

今も田んぼ、もしくは

荒地化したままのようです。

 

聞くところによると

この発掘調査は、

平成元年から行われているそうですが

その進捗は全体の数パーセントにも

達していないのだとか。

 

全ての遺構が発掘・復元されると

とんでもないことになりそうですね。

 

前に行った安土城跡なども

規模が大きすぎて、

完全な復元は無理なんだろうなあと

感じましたが、

ここはさらにそんな気がしましたね。

 

春にまた来ようと思いました。 

 

でわ、また。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。