この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

そろそろ、ホワイトゼノアが食べられるかな。

我が家には、イチジクの木があります。

ホワイトゼノアという種類です。

www.kokochiyoi-blog.com

 

サイズは小粒ですが、

ドーフィンよりは、

甘いと思います。

f:id:ninasimone:20190821122012j:image

多くはまだ、こんな状態ですね。

 

ですが、少しばかり色が

白っぽくなってきたものを

朝の見回り時に

いくつか発見しました。

 

「そろそろ、収穫時期だねえ」

 

帰ってきたら収穫しようと

1人にやつきながら、

その場をあとにしたのでした。

 

ところが、夕方

収穫に行ってみると、

イチジクの無惨な姿を

見ることになるのです。


f:id:ninasimone:20190821062339j:image


f:id:ninasimone:20190821062348j:image

気味の悪い写真で申し訳ないです。

 

まだ食えるとこあるだろうよ! 

 

おそらくはカラス。

いや、間違いなくカラス。

絶対にカラス!

 

あ、取り乱してしまいました。

大人気ないですね。

 

リンゴの次はイチジク

というわけですか。

 

そういやあ、トマトにも

手を出していやがったな!

あ、嘴ですか。

 

さっそく、糸を張ったのは

言うまでもありません。

f:id:ninasimone:20190821173638j:image

 

銀玉鉄砲ででもいいから、

ビシビシ、懲らしめて

ヤりたい気分です。

(殺るでは、ないですよ。)

 

この辺にいるのは、

ハシボソガラスですね。

鳴き声が汚いのも

腹のたつところです。

 

昨年はイチジクは、

被害に会わなかったんですけどねえ。

 

ひょっとすると、

若いヤツなのかもしれません。

 

春先に、執拗に種も蒔いていない

畑をほじくり返していたヤツ。

 

柿も食うつもりだろ、てめえ。

今年は裏作で

あんまり採れないようだから、

一個たりともやんねえからな。

覚悟しとけ!

と言っても

空しいだけです。

聞く耳持ってないですもんね。

 

睨み付けてやっても、電線の上で

「がー」

とか鳴いてやがります。

 

1匹で寂しくないのかね、キミは。

 

Lonesome Crow - Scorpions - YouTube

 

Lonesome Crow

Lonesome Crow

 

ドイツのハードロック・グループ、

「スコーピオンズ」の

デビュー・アルバムです。

f:id:ninasimone:20190821175628j:image

ジャケットの

裏側のカラスは、

ハシブトかしらん?

 

スコーピオンズの

正式メンバーとしての

マイケル・シェンカーの

演奏が聴ける、

唯一のアルバムですね。

 

まだ、スコーピオンズらしさが

確立されていないように思いますし、

マイネのヴォーカルも

少し艶がない感じですね。

 

初期のディープ・パープルと

似ているかもしれません。

 

でもマイケル・シェンカーのギターは

なかなかイイですよね。

最前面にフィーチャーされています。

この時、シェンカーは

若干17歳。

すごいですねえ。

 

イチジクとカラス繋がりでした。

でわ、また。