この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「バーボン・ストリートはニューオーリンズにある有名な通りの名前だったのです。」 - Moon Over Bourbon Street

スティングというミュージシャン。

私は好きなんですね。

ジャズ・ミュージシャンが

彼の曲をプレイしていることは、

ここでも、何度かお話をしておる

ところでありますね。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

www.kokochiyoi-blog.com

 

今回は、彼が所属したバンド「ポリス」が

1984年に活動停止した後に

リリースされた最初のソロ・アルバム

「The Dream Of The Blue Turtles」

(邦題「ブルー・タートルの夢」、1985年)

に収録されている曲の話です。

 

このアルバムは、彼の音楽的才能の

裾野の広さを世に知らしめた作品だと

評価されているようですね。

Dream of the Blue Turtles

Dream of the Blue Turtles

 

ジャズっぽいというか、

バンドでは、できなかった

やりたかったことが

ジャズだったのでしょうか、

レコーディングのメンバーも、

ジャズメンばかりで

構成されているんですね。

と言っても、私が知っていたのは

サックスの「ブランフォード・マルサリス」

だけでしたが。

 

私なんかには、彼がそっち方に

向かっていった、その辺のところは

よくわかりませんが、

アルバムに収録の

「Shadows In The Rain」や

「Moon Over Bourbon Street」

といった曲は、大好きです。

 

特に「Moon Over Bourbon Street」の

アンニュイな曲調は私の好みですねえ。

うねるようなベースの音が心地よいです。

Moon over Bourbon street-Sting - YouTube

 

タイトルにある「バーボン・ストリート」

というのは、実際にアメリカのジャズの街、

ニューオーリンズにある

有名な通りなんですってね。

 

一度、行ってみたい気もします。

そして、そこで月を見るわけね。

Oh you'll never see my shade or hear the sound of my feet

While there's a moon over Bourbon Street

とか、歌いながら・・。

 

歌えるかあ! 

 

そしてこの曲を、カヴァーしている

ミュージシャンがいるんですね。

寺村容子という日本のピアニストです。

「TERAMURA YOKO MOODS」

というアルバムに収録されているんですが

ドラマチックなピアノでの演奏が

これまた良いなあと

思っておるのです。

TERAMURA YOKO MOODS (リマスター)

TERAMURA YOKO MOODS (リマスター)

 

 

最近、聴くようになったピアニストなので

音源をあんまり持っていないのですね。

たまたま聞いた一枚に、

「Moon Over Bourbon Street」が

収録されていたのであります。

 

出会いなんて、どこに転がっているか

わかんないですよねえ。

 

でわ、また。